アゴ削りの手術後の腫れ

アゴのせいで男性のような顔でした

たるみ 顎削りエラ削り+頬骨削りの術後経過

アゴのせいで男性のような顔でしたアゴ削りをして貰うことになりましたほっそりとして女性らしくなりました

アゴの横幅が広く、男性的なシルエットになっていることが悩みでした。
丸顔っぽい雰囲気が強かったので、ダイエットをすればアゴも含めて顔が小さくなると信じていたので、常に小顔効果が期待できるダイエットを行っていました。
マッサージや顔のトレーニング、ダイエットアイテムを使用したケアなども毎日欠かさずに行っていました。
しかし、何を行っても、効果が出ることもなく、さらに脂肪が落ちるとアゴの横幅がより一層強調されてしまっているように思いました。
よりごつごつとした男性的な雰囲気になってしまうことで、小顔には程遠い輪郭で、毎日鏡を見ることが嫌になっていました。
私のように悩んでいる人はいるのかという思いから、インターネットでアゴのコンプレックスについて調べてみると、私のような輪郭で悩んでいる人はたくさんいました。
そして、そこで気になったのがアゴ削りの美容整形手術でした。
ダイエットをしても効果が出ないのは、骨格が原因となっていることも多く、骨格が問題の場合には、美容整形手術をしないと改善することができないということを知りました。
輪郭の形成手術の実績が多いクリニックを見つけたので、さっそくカウンセリング予約をとりました。

アゴ削りの腫れがおさまって満足のいく顔立ちになりました

父親が時代劇に出演するのにぴったりだと言われるほどの、立派なエラの張った顔をしています。
男だったら、男らしいと好まれる顔だちなのかもしれませんが、私は女として生まれたのに、父の遺伝を完全に受け継いでしまい、アゴがどっしりとして逞しい輪郭になってしまいました。
目や鼻、口などのパーツの形は満足していますが、アゴがかなり大きいことにコンプレックスを感じていて、学生時代は友達と写真を撮影するときは髪の毛で顎部分を隠すようにしていました。
髪の毛を長く伸ばして、まとめることなく常に首のまわりに垂らすことによって、たくましい顎を隠そうという気持ちがありました。
しかしこのままコンプレックスを抱えていては駄目だということも自分でわかっていました。
それでも小さい頃に男顔だと言われたことがあり、それがかなりショックで傷ついていたので、自分をありのままに見せることに抵抗感がありました。
そんな時、テレビで見て綺麗だと感じていた女性芸能人のエラがなくなって、さらに美しくなっていたので驚きました。
整形手術に関しては、まだ否定的な見方を持つ人がいるので、その芸能人も自分が整形したということは公表をしていませんが、明らかにエラがなくなって首回りがすっきりしていたので整形手術をしたことは間違いないと感じました。
しかし顎に注目してみても、全く傷などがなく、自然な顎のラインになっていたのでうらやましいと感じました。
自分は整形手術に関しては否定的な考え方は以前から持っていなかったので、自分のコンプレックスが改善できるのであれば、自分も整形手術を受けたいと考えるようになりました。
整形手術を受けることができるのは美容外科クリニックだということは知っていたので、整形手術を受けるかどうか決める前に、カウンセリングを受けるために予約することにしました。
美容外科クリニックには今まで一度もお世話になったことがなかったので、どんな雰囲気のクリニックなのか少し緊張していましたが、これまでお世話になったことがあるクリニックとそれほど変わりはなく、少し違うと感じたのは内装がとても綺麗でこだわりがあると感じたことでした。
患者さんも多く訪れていたので、それぞれ美容について悩みがあるのかと思うと、少し心強い気持ちになりました。
カウンセリングは医師が行ってくれて、私の場合はアゴ削りという整形手術を受けることをおすすめしてくれました。
ただアゴ削りといっても骨を削ると聞けば怖いと感じましたし、顔に大きな傷跡が残るリスクがあるのではないかと心配しました。
しかし医師からは、骨を削っても骨には痛覚がないので痛みがなく腫れが出る程度だということ、そしてアゴ削りの施術は口の内側から行うので顔の表面に傷跡ができることはないと教えてもらいました。
カウンセリングがとても丁寧で、これまで手術したサンプルなども見せてもらうことができ、是非、手術を受けてみたいという気持ちになりました。
そこでその日は決断することなく、もう一度カウンセリングを行ってもらってから、手術を受けることにしました。
手術当日は緊張していましたが、看護師さんの気配りがありましたし、麻酔をしてからは眠っていたので目覚めるまではあっという間でした。
目覚めてからも点滴から麻酔を入れてもらえたので痛みはほとんど感じませんでした。
包帯を取った後は顔にまだ腫れが残っていたので、アゴ削りの結果がすぐにはわかりませんでしたが、腫れについてはあらかじめ説明を受けていた通りに数日間で自然とおさまっていきました。
そうしたらエラがはって、ごつい感じがした顎がほっそりとしていたので、顔全体が自分の理想になり満足のいく結果になりました。